主にお出かけ記録と読書記録
<< 2017年九州の旅その4〜清水溢れる新緑の渓谷と神様会議 | TOP | 2017年九州の旅その6〜まごう事なき活火山 >>
2017年九州の旅その5〜亜熱帯に輝く社

JUGEMテーマ:旅行

 

今回の旅の行程を全部会社の先輩に話したので

ここの会社バレリスクが上がりました。

どうか……どうか御内密に……

 

 

さて九州宮崎編が2日目、全日程中4日目の朝は、

宮崎神宮へと参ります。

電車の駅としては隣になるのですが、

宮崎からだとバスでのアクセスが便利です。

神社を目的地にすると開館時間などを気にしなくてもいいのがいいですよね。

こちら宮崎神宮、

祀られているのは言わずと知れた神武天皇。

 

 

想像してたのよりずっと広くて立派でした。

さすが初代。そこかしこに菊の御紋が煌めいている。

 

立派な藤棚がありました。

丁度時期だったので素敵な紫の絨毯を見ることができました。

朝の神社はええのー。

 

神社の前に「蒸気屋」という和菓子屋があったのでちょっと休憩。

この時は知らなかったのですが有名な和菓子屋さんでして、

この後あっちこっちで見かけることになりました。

 

 

さて宮崎市を離れ、お次は青島にございます。

南宮崎から日南線。

行きは観光列車、海幸山幸に乗りました。

短距離なので特急料金としては割高になってしまいますが、記念です。

 

青島駅にて電車を降りれば。

 

あ、暑い………!!!

 

この日がたまたま気温が高かったというのもありますが、

なにせこの青島という場所。

 

完っ全に南国リゾートなんですよね。

昨日まで山の中に居た身にとってしんどい。

そして、場違い感がすごい。

 

半袖どころかノースリーブ着て歩いてる人すらいるのに

長袖着て山ザックを背負ってる奴がのっそのっそと歩いている。

誰おま。

山幸彦もこんな気分だったんだろうか……

 

「青島」というだけあって、青島神社は島にあります。

ガイドブックを見たときから

なんとなく違和感があるなーとは思っていたんですが、

あれだ。

空が。

空が青い。

日が強い。

影が濃い。

 

青島神社。

ここで祀られているのは山幸彦のほうでして、

なんでこんな海辺で山幸彦かと言いますと、

海幸彦の釣り針を取り戻して帰ってきたときに

上陸したのがここなんだそう。

奥さんの豊玉姫と一緒に祀られておりまして、

縁結びの神様として人気な模様。

話ややそれますが、あの一連のエピソード、実に理不尽よな。

海幸に同情する。

 

 

生い茂るビロー樹。

 

神社といえば鎮守の森、

涼しげな雰囲気が似合うものというイメージがありますが、

森は森でもジャングルです。

こうも燦々とした日を浴びて

亜熱帯植物の中に朱色のお社が輝いている様は、もう爆笑もの。

どこだよ、ここは(笑

 

そんな島を囲むのは鬼の洗濯岩と言われる海岸の地形。

地層が斜めに出てるんでしょうが、

なんとも不思議な光景。

歩いて行ってみましたが、波打ち際までそれなりに距離ありました。

もちろん潮によるんですが、

足滑って転んで頭打っても誰も気づいてくれなさそうなぐらい広いです。

 

島はぐるっと一周できます。

もうなんかビロー樹の木陰でトロピカルジュース飲みながらサンドイッチ齧ったら最高っていう雰囲気。

繰り返しますが、鎮守の森です。

 

とここでお昼過ぎだったので昼食。

対岸のオープンなテラスで

名前忘れましたがサンドイッチとハンバーガーの合いの子みたいな料理食べました。

日向夏のジュースとか売ってるかと思ったけどそうでもなかった。

なんでや。時期じゃなかったか?

見逃しただけか?

 

いやしかし青島神社、

前日までとのギャップもあって予想外に面白かったです。

これだから旅はやめらんねえ。

 

 

*********

 

ここで宮崎県とはおさらばし、

向かう先は鹿児島県、霧島にございます。

その名も特急「きりしま」に乗車し、

海から再び山の中へと入っていきます。

 

霧島神宮駅。

想像以上に田舎駅だ……駅前なんもねえ………。

近くにCOOPがあったので、

明日の昼ごはんにするパンを調達。

で、駅前にあった足湯にぼーっとつかりつつ、路線バスを待ちます。

 

霧島というと霧島温泉の方が有名ですが、

今回はそういう旅ではないので神社の真ん前のお宿泊。

いつもの如く荷物を放り投げ神社へ。

 

 

霧島神宮。

最近塗り直したのでしょうか。

とても色鮮やかでした。

御主神はニニギ命。

個人的には、この↑写真だと、丁度屋根と柱の間というか柱の付け根にいる、

狛犬みたいなのが気になりました。

普通の狛犬はいなかったのはこいつらがいるからでしょうか。

それ以上に、象もどきみたいなのがもっと気になりますが。

 

象……うーん………やや牙が鋭いが……

象になんの動物をハイブリットしたらこうなるんだ。

 

これは翌朝の写真ですが。

この神社、ちょっと登ったところにあるので見晴らしがいいです。

空気の澄んだ日には桜島まで見えそう。

 

大鳥居のそばのお寿司屋さんで夕食をとってこの日は部屋へと帰還。

宿に行く前に観光案内所で手に入れたバス時刻表とにらめっこして、

またちょっと行きにくいところですが、

行きたかったところへ行くための計画を練ります。(日本語崩壊)

ちなみにここまで来たなら霧島登れないかなーとも考えたのですが、

エッジも何もないつるつるのスニーカーでしたのでやめにしました。

見てくれは完全に登山客ですが。

 

明日に備えておやすみなさい。

 

posted by RAN | 23:35 | 旅・おでかけ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 23:35 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://rokkaku-hexa.jugem.jp/trackback/1189
トラックバック
Search this site